2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
時にボールを見失うけどね
2014/04/29(Tue)


こんにちはぁ、まりも♪です!

さて~、
走ってばっかりだとあきちゃうので、
ボール遊びもしましたよ~。


お父さん!
しっかり遠くに投げてくだされ~~~!









IMG_2014042710.jpg

(父) よし! まりも♪ 行け!!



解説・・・まりも♪の目が真剣です(笑)











IMG_2014042711.jpg


(父)まりも~~~、そっちじゃなくって、こっちこっち~~


解説・・・ボールくわえて、勝手にあっちに走って行っちゃうまりも♪。










IMG_2014042712.jpg

(父)まりも♪~~、こっちにもどってこないと、
   もうボールが投げれないよ~~~。


解説・・・こっちからで向かないと、決して戻ってこないまりも♪です。昔から (笑)









IMG_2014042713.jpg


息があがってきた飼い主は、
ボールを遠くに投げずに、その場でたか~~くなげて、
落ちてきたのをキャッチさせたりして、息をととのえます (笑)









IMG_2014042714.jpg

(母)まりも♪~~、顔がこわいよ~ (^_^;)








IMG_2014042719.jpg

いっぱい遊んだから、まりも♪は、お腹がぺっこぺこになりましたぁ。

お父さんから、
おやつと、お父さんが食べてたおにぎりをもらいました!

さぁ、
遊んだ後は、浦臼神社の境内に咲くエゾエンゴサクとカタクリの花を
見てきますよ~。

まりも♪のレポートは、まだまだ続きますよ~!!






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





まりも♪は、去年、緑内障で左目を失明してしまったので、
広い場所でボール遊びをすると、
やっぱり、ボールを見失うことが多くなりました。

こんな感じで・・・


IMG_2014042715.jpg

ボールはもう投げてるのに、早く投げれてよ~と、
飼い主をみてたり。






IMG_2014042716.jpg


左側にあるボールがまったく見えてなかったり。









IMG_2014042717.jpg

これも、左側のボールが見えてなくて、
手元を見てますね~。








IMG_2014042718.jpg

とはいえ、
片方の目がちゃんと見えてるって、ほんとにありがたいことです。

こうやって、
大好きなボールで遊べるんですからね~。

ほんとに、こういう幸せを神様に感謝しながら、
毎日をおくらなくてはと、
しみじみ思う飼い主でしたぁ。



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
応援クリックおねがいします
この記事のURL | 4月 | CM(2) | ▲ top
コメント
-  -
すごーい!!
まりも♪ちゃんシニアらしからぬ走りや(≧∇≦*)
ジャンピングキャッチもしてますね~♪♪
いいお顔で楽しそう(^_-)-☆

ハイシニアわんこちゃんの元気な姿は
本当に嬉しい気持ちになりますね~(〃'▽'〃)

みみもボール遊び大好きなんで元気に走ってますけどね~~
持久力が低下してきました(笑)
若い頃は延々と走りつづけて
疲れ知らずやったんですけどね~~(^^;)

軽いパテラは昔からあったけど
後年、頸椎の骨に変形が出てきたり
前足肩関節が不安定症とかの
疾患が出てきて、今症状は落ち着いてるけど
7~8歳頃、頻繁に怪我をしてから
ボール遊びも控えめ気味にさせています(*´∀`)

まりも♪ちゃんは関節系は大丈夫なのかな?(^^)
これからも元気なお顔や姿、見せて下さいね~~♪
2014/04/29 14:16  | URL | ヒロミ@ #gdBEi0Rg[ 編集] ▲ top
- ヒロミ@ さんへ -
あ~、たしかに持久力は、年々確実に低下してますね~。
って、持久力の低下は、飼い主もですけど (笑)

日曜日も、まりも♪ははりきりすぎたので、
遊んだ後は、ほぼ抱っこ犬でした (^_^;)

まりも♪は、パテラもヘルニアも軽いので、
特に、運動とかの制限はないんですけど、
階段の昇り降りはさせないとか、激しい運動を
続けないとかは、気をつけてます。

少しでも長く、
好きなことをしてすごさせてあげたいなぁって
思ってます~(^-^)
2014/04/29 22:11  | URL |   りちこ #qhVXTLRM[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |